夏の思い出

夏って、一年の中で一番短い。

なぜって?
面白いTVはすぐに終わっちゃうって感じるでしょ?
それと同じだと思う。

みなさんは子どもの頃の「夏の思い出」って言うと、
どんなこと思いだしますか?

海辺に暮らす私は、幼いいころから夏といえば海!
朝早くからビーチに出て、お腹が空いたら一旦帰宅し昼食。
そしてまたビーチへ・・・
真っ黒に日焼けして、いつも海の匂いがしていました。
幸せな子ども時代だったと思います。

最近では友人の子どもたちが、そんな私の幼少時代のような
暮らしをしています。
最初は水着を着ているのですが、そのうち素っ裸になって砂まみれになって・・・
その状態で自転車をこぎ、家に帰るそうです。
ご近所では「砂地蔵」と呼ばれているとか。

素っ裸になって太陽の力を全身に浴びて、ひと夏ごとに大きくなっていく子どもたち。

この貴重な時間に、できる限り自然の力を蓄えて、
強くて、やさしい大人になりなさい。

CELICAs’ ROOM

トップページへ戻る