わたしの愛する、暗黒の世界

見渡す限り暗黒の世界。
キラウエアの溶岩は家や道路、大地をすべて飲み込み
今もまだ、成長し続けています。

私が始めてハワイ島を訪れたのは4年前。
それ以来、キラウエア火山のとりこになりました。

ボルケーノは何度も激しい噴火を繰り返し、全てを飲み込み
支配し続けていますが、直接的な死者はひとりもいないんですって。
信じられます?

以前仕事でカラパナの街を訪ねたことがあります。
街の入り口付近まではいけるのですが、街全体が溶岩に飲み込ま
れたため、今でも道路標示や車が半分溶岩の中から顔を出している
感じ。まさに自然の驚異を見せ付けられた瞬間でした。
しかし、その暗黒の溶岩の中に1軒だけ、家がポツンとあるのです。

あたり一面真っ黒な溶岩の中にたたずむ家。

どうやらその家と教会だけは溶岩が避けて通ったらしく、
その家には今も、その一部始終を見ていたお祖母さんが
ひとりで暮らしているそうです。

島の人々はキラウエアにハワイで一番力のある神様・ペレが
住んでいると信じています。
「そのペレが島の人々を守っているから誰も殺さないんだよ」
神々の島の住人たちは、信じることによって本当に守られている
のかもしれません。

私もいつかはこの島の住人になって、火山とともに生き、
神と暮らしたいと願っています。

CELICAs’ ROOM
トップページに戻る