GO THE WORLD !

エクゼクティブシェフに21歳の鬼才メリッサを
向かえているフレンチ・ビストロ。

素材の味を生かし、美しい盛り付けで魅了する
女性ならではの感性が光るお皿たち。

ベアフットでは基本的に地(ウイスラー)で取れた
食材のみを使用しているとのこと。

こんな山奥の小さな町で、これだけの食材があるのか
とビックリしました。

バンクーバーのリアルな情報はコチラ

全て味の違うトマトたち。自然の
甘みが優しい一皿

イカのステーキ

ゴーダチーズのサラダ

成田を出発してバンクーバーからウイスラーへ。
食べたり飲んだりアウトドアしたりと盛りだくさんだったこの旅。
一人のミチコちゃんが一足先に日本へ帰国

最後の夜はジャグジーで想いで話し。。。

カジュアルとは言い難い、重厚な
門構えのイタリアンレストラン。

どんなにオシャレな盛り付けで
くるのかしらと思ったら、以外にも
かなりのボリュームでかつワイルド。
お味の方もかなりイケる。

冬場はきっとセレブなスキー客で
盛り上がるんでしょうね〜

そんな中でも、みんなでワイワイ食
べたい、そんなお料理でした。

今回のプレスツアーでご一緒した記者の皆さまと

Whistler Village

ヴィレッジ内にもカジュアルなレストランやカフェがたくさん。
その中でもお気に入りのパニーニ。ベリーのスムージーと一緒に
ブランチタイムに頂きます。

Bearfoot

吊り橋渡ったり、ハイキングしたり、登山させられたり・・・
おっと、そろそろ本業を、とゆうワケでー

ウイスラーで出会った、美しいお皿の上のアートを紹介します。

想い出の? 水上飛行機
都会と自然が調和する街・バンクーバーへ
バンクーバーの自然と戯れる!の巻き
午後はおもいきり「人でなしツアー」でGO!
山のリゾート、ウイスラーに到着!
食の旅、お皿の上のアート
トマトカフェ・キッチン潜入リポート!

Wild Wood

ベアフットとは雪男という意味

マスカルポーネ
のデザート

たぶんスズキ?口にはタマネギが・・・!?

Canada

「美味しいパンケーキが食べたい!」そんな私の
リクエストを聞いてタローくんが探してきてくれた
のがこのワイルドウッドというテニスコートにある
クラブハウスの朝食。

ふわふわのパンケーキにたっぷりメープルシロップ
をかけて頂きます。

確かにテニス関係ない感じの人もたくさん食べてまし
た。どうやら地元に人気の朝食屋さんらしいです。

はぁ〜気持ちいい! ワイン&ビールとジャグジーでお疲れ様でした

朝は甘いものよねっ

左はミルクパンケーキ、→はバナナブレッドのフレンチトーストです

シェフ

バンクーバー&ウイスラー の旅

食の旅、お皿の上のアート

芸術的な一皿。まさにアートでしょ

濃厚なチョコレートケーキ。
アイスにはバニラソルトがかかってる

これがバニラソルト

Cuattro

やっぱ私にはこれくらいのワイングラスでないと・・・

お肉となすが絶妙のコラボ

クアトロパスタ

ニョッキ