GO THE WORLD !

新鮮なコーンは生で食べても
甘くておいしいの

都会と自然が調和する街・バンクーバーへ
バンクーバーの自然と戯れる!の巻き

覚えてますか?
ファーマーズマーケットで出会ったシェフたち。

彼らが「店においでよ!」って誘ってくれたので、
ここは遠慮なく、訪問させて頂きました。
トマトをたくさん買ってたでしょ〜

なんたって彼らのお店は「トマトカフェ」というの。

バンクーバーのリアルな情報はコチラ

想い出の? 水上飛行機
午後はおもいきり「人でなしツアー」でGO!
山のリゾート、ウイスラーに到着!
食の旅、お皿の上のアート
トマトカフェ・キッチン潜入リポート!

すっごいおしゃべり
だけど、手も止まらない
さすがシェフ。
いつの間にか
出来上がりました!

カナダのトマトはバツグンに美味しい

シンプルな調理方法だからこそ、
素材の味が美味しくないと・・・
だから安心して食べれるものだけ
チョイスするのがプロだって

キッチンは広々清潔でセクションに分か
れて担当者がいました。
たとえばストーブ前とかカット場とか

シェフのジェイムス

この日、マーケットで仕入れた野菜と
ソカイサーモンを使って何か料理を
してくれるとのこと。

手に持ってるのはナス。涙型だよって
こんなポーズ〜

地元の食材を使って作る
イタリアン風カナディアン料理
ってどんなの?
「何が知りたい?」って聞かれた
から、「ぜひ、サーモンの料理が
知りたい」って言ったの。

そしたら・・・・

ソカイサーモンのグリル

地トマトとコーン、バジルのサラダ

赤身のサーモンをマリネしてからグリルします

トマトのオブジェが目印

Canada

本日の主役、ソカイサーモン登場!

シェフのこだわりは地元でとれた野菜。
良いものが手に入った時に、その食材に合わせて
メニューを考えるんですって

トマトカフェ・キッチン潜入リポート!

バンクーバー&ウイスラー の旅

厨房で取材してたら「日本人ですか?」って日本語で
聞かれたの。
ビックリしたわ〜彼、日本から料理の修業しにバンクー
バーへ来たんですって。

すごいね、どこにでもいるんだ〜

私も海外で何度か修業みたいのしたことあるけど、
やっぱり日本人来ると嬉しくて声かけちゃうもんね。
がんばれ〜立派な料理人になるんだよ!