GO THE WORLD !

この店のマスコット?は金のブタちゃん

「その土地を知るには食から」というわけでー
本格的にローカルなTrout Lake ファーマーズ
マーケットに行きました。

生産者の顔が見える、新鮮で安全で美味しい野菜や
果物が中心で、中でも目立ったのがトマト。
そりゃーもう、すごいキレイでしたわ。
何十種類ものトマトがあり、その全てがオリジナル
なんですって! それ、すごくない??

手作りのお菓子やペースト屋さんが立ち並ぶ中、
行列を作るワゴン車を発見!
近づいてみると、なんとガレット屋さん。

しかもこのマーケットで売ってるものだけを使って
作ってるんですって。もちろん食べましたよ〜

チャーハンは激ウマ!

オシャレな街・イエールタウン

無事に人でなしツアーも終え
私たちはバスでウイスラーに向かいました。
バンクーバーより約2時間。

海から山へ、湖のような穏やかなフィヨルド
の海を左手に、氷河を頂いた山へ向かいます。

バイバイ、バンクーバー

ってことで、左が
人でなし?ツアーガイド
の長谷川さん。
→はドライバーさん。
色々ありがとうござい
ました!!
本当に楽しかったです!

最後の最後には・・・やっぱりスイーツ

バッファローと言えば・・・

バンクーバーのリアルな情報はコチラ

想い出の? 水上飛行機
都会と自然が調和する街・バンクーバーへ
バンクーバーの自然と戯れる!の巻き
午後はおもいきり「人でなしツアー」でGO!
山のリゾート、ウイスラーに到着!
食の旅、お皿の上のアート
トマトカフェ・キッチン潜入リポート!

ハスの根の炒め物。サクサクしててあっさり塩味。鶏のから揚げプノンペン風はレモン汁が相性抜群

もうお腹いっぱいだから・・・

なんて言ってる場合じゃないのよ、旅はお腹が破裂するまで
食を極めるのがセリカ流(常に胃薬を携帯!)
最後に行ったのはプノンペン料理。

ここはガイドの長谷川さんが超お勧めのレストラン。
まじ、美味しかったです!
サーモンより何より、美味しかったです、ここの料理。

手書きでワインの種類が書かれたマット

そしておつまみもこんな感じ。オシャレじゃない?

しかもイケメンのお兄さんが
サーブしてくれるの。

バンクーバーで一番気に入っ
たわ、この店!

なんだかオシャレなワインバー
色々なワインをテイスティング感覚で楽しませてくれるの。
もちろん、そのワインに合ったあつまみまでテイスティング。

このちょこっとずつがたまりません!

一軒目はアイリッシュバー

濃いビールをデカジョッキで一杯。

つまみはイギリスっぽいフィッシュ&チップス。
「気持ちいいよね〜昼ビール」
これが始まりです。

さてさて、お次はワインバーでテイスティング♪

赤いの、すごく・・・臭みはほとんどなかったわ

地元で人気のオーガニックスーパーCHOICES。メープルシロップの種類も豊富。御惣菜やパン、お花までありました

不揃いな感じがいかにも
手作り感満載よね

フルーツみたいに甘い
ミニトマトたち

おじさんはペースト屋さん

ネイティブカナディアンのお姉さんは
バッファローのソーセージを売ってました

そんなに大きくないマーケットだけど、自分たちが作った野菜やお菓子を並べて売ってるから、なんか安心よね

マーケットで買い物しているシェフと出会いました

Canada

トマト!なファーマーズマーケット

自然食マーケットで発見しましたよ、パックに
入ったバッファロー肉。

牛とは違う、どっしりというかギッシリした
肉質で味はかなり濃い。

チャンスがあったら一度は食べてみてね!

もう本当に最後だから・・・
「カナダのオリジナルのドーナツ屋さんですよ」って
聞いちゃったら食べない訳にいかないでしょ〜
だからTOGOしちゃったわ。

締めくくりはバンクーバーでプノンペン料理なのだ!

ワイン屋さんのオーナーの犬が亡くなって、記念?
に作った「天国へ行った犬」みたいなネーミングの
ワインもあったわ。なんかカワイイね

バンクーバー&ウイスラー の旅

何が「ひとでなし」かって言うと・・・
この日、取材班が個々の仕事でバラバラにばり、
残されたのは、私たちTV班とガイドの長谷川さんだけ。

そうなりゃ、どうよってことで「まずはビールでしょ!」みたいな。
昼から飲んだくれて撮影しましょう、ってことになり・・・

午後はおもいきり「人でなしツアー」でGO!

リトル・ソーホーと呼ばれるイエールタウンは
オシャレなブティックやバーが立ち並ぶ街。

ヨーロッパっぽいオープンカフェやワイン屋さん、
本屋さんなど、ウインドウショッピングするには
もってこいの場所。

真昼間から試飲もできるワインハウスもあったわよ。